Oreworld trade (Tangshan) co., Ltd

圧送ポンプ材料

製品の詳細:

圧送ポンプ材料の説明

圧送ポンプ材料は特殊な性能がある新型材料です。アルミナ、石灰石、石膏を主な原材料とし、また幾種類の無機原材料と添加剤を入れて混合物が得られます。こういう混合物を研磨、焼成し、甲、乙の二種の粉状物質が出てきます。この材料と九倍の水を取り混ぜて液体が得られ、30分以内に高い強度のある固体化人工石が出来上がリます。弊社にはI型、II型の二種類の製品があります。

圧送ポンプ材料の物理性能

1、細度

甲、乙2種類の比表面積が300㎡/kg以上でなければなりません。

2.圧縮強度

I型

2h

24h

3d

7d

圧縮強度

Mpa

1.0

2.5

3.0

3.5

II型

2h

24h

3d

7d

圧縮強度

Mpa

1.0

3.0

4.0

4.5

3.始発凝結時間

凝結時間は30min以内

4. 圧送時間

圧送時間は24時間以上

圧送ポンプ材料の特性

1、高含水性、水と固体の体積比87%-90%、水と固体の重量比は2.2:1。

2、甲、乙二種の粉状物から作った二種の浆液はポンプで圧送できます。24時間置いても固まったりしません。

3、二種の浆液を混ぜる場合、、急速凝結し、30分後に固まります。

4、甲材料はPh値が9-10で、弱アルカリ性ですが、乙材料はPh値が11-12でアルカリ性です。

圧送ポンプ材料の用途

I型材料は鉱山の充填に利用されます

II型材料はトンネルの二次覆工に使用されます。

圧送ポンプ材料の使用方法

1. スラリー作り:甲、乙に水などを入れてミキサーで攪拌し、それぞれ泥漿AとBが作れます。

2. 圧送システム:泥漿AとBをポンプで圧送し、配合機に輸送して混合します。

3. 混合成形システム:A、B二種の泥漿を十分に配合機に混合したうえで、充填袋に圧送し、泥漿は急速に固まります。

具体的な図は下記の通りになります。

圧送ポンプ材料の使用上の注意事項

1、運送あるいは保存する間、乾燥した場所に置くこと。地面上で二ヶ月以上あるいは地下で十五日以上置く場合、使用する前にもう一度テストして、結果によって使うこと。

2. 甲、乙の使用量は同じであること

3.同時に使用すること

甲、乙は同時に攪拌、混合、圧送すべきである。

4.均一に攪拌すること

各段階で均一に攪拌すること。均一な泥漿を得るために、15分以上攪拌したほうが良いのである。

TOP